生活費が足りなくて自分の実家にお金を借りた

私が子どものころは、親がうちで商売をしていましたが、あまり裕福な家庭ではありませんでしたが、
父親は「大人になっても保証人になってもいけないし、借金をしてもいけないぞ。」といっていました。
その時は、意味がほとんどわかっていませんでしたが、なんとなく後からわかりました。
私の父親は母親と離婚して、他の女性と再婚してから金運が上がってきたといっていました。
確かに父親は着るものとか、食べるものにお金をかけていくようになりました。
28歳で私は、知人の紹介してくれた人と3年間付き合って、結婚しました。
でも、父親は「お前はもっと年上の男じゃないとうなくいかないぞ」といっていました。
確かに、結婚してから夫の親との同居ということもあり、ケンカが多くなっていきました。消費者金融借りる理由もいろいろ出てきました・・・
私はうつ病になってしまって、夫もうつ病になってしまったのでした。
夫は仕事を辞めてしまって、退職金と預金を使って生活してきましたが、もうお金が足りなくなり、
自分の実家からお金を借りて生活してしまっています。
父親はお金をすんなり貸してくれていますが、夫とは離婚したほうがいいと言われています。
自分のうつも回復傾向にありますので、離婚しようとおもっています。